公務員はキャッシングで有利なの?

銀行や消費者金融カードローンは20代と若い年代から中高年層と幅広い方が利用しています。パート、アルバイト、専業主婦、OL,サラリーマンと多種業としている人が借入としていますが、そのなかには公務員としている人も利用しています。

 

もちろん違法としているわけではありませんので、否定するわけではありませんが低金利とする職員共済組合でなく、あえて高金利としている貸金業者での借入とするのか?それには誰にも知られず、必要なお金をいつでも引き出せることができる利便性の高さとしていることがあげられるようです。ここでは公務員とカードローンキャッシングの問題に焦点をおき、検証してみましたのでご覧下さいね!

 

公務員はキャッシング審査に有利って本当?

 

貸金業者としている消費者金融での貸付の条件で最も重視するのが、属性や安定した収入であるかとしています。そうなると公務員は絶好のお客さんとしており、これまでに金融事故としていなければ簡単に審査が通りお金を借りることができます。また借入限度額においても総量規制によりパートやアルバイトでは最低限度額とする場合もありまた、一般サラリーマンよりも優遇されることも期待できます。

 

世間一般でも安定した職業としても知られており、公務員はカードローンのキャッシングにおいても有利としています。共済組合など利用する方も多くいますが急な出費やちょっとした生活の不足分の足しなど、全国のコンビニATMで引き出すことができますので、大変便利で手軽に利用することができるとしています。

 

債務整理する公務員が増加?

 

キャシング審査が優遇されることから、限度額の増額や収入以上の借り入れにより複数の消費者金融からの借金として自転車操業となる方も珍しくはないようです。そのため公務員の任意整理、個人再生の他最終手段とする自己破産というケースもみられます。

 

そして安定した給料としてはいますがそれほど高い給料としているわけではありませんので、無計画な借入を繰り返すことで最終的に借金返済が困難とする公務員もいるようです。その大半はギャンブルや游興費、娯楽などの使い道としているようです。

 

借金が原因で公務員退職となることはありませんが、共済組合での借入がある場合では個人再生、自己破産においては職場にバレテしまうことも考えられ居づらくなることが予想されますので債務整理は避けたいとしています。

 

多重債務となる背景には、公務員に対する消費者金融の甘い審査ということもあげられその落とし穴にハマらぬよう気をつけなければならないようです。どのみち公務員でなくても計画的なキャッシングを心がけることで、利便性の良いカードローンとして使用することができるとしています。