薬剤師は公務員か民間どっち?

薬剤師公務員、民間の待遇が気になるという方も多いのではないでしょうか。昨今では安定志向として公務員を目指す人が増えていますので、社会人転職として受験する人もいます。そこで公務員、民間での薬剤師においてそれぞれのメリット、デメリットは、今後の就職先の選択として知ることは重要としています。

 

公務員薬剤師の活躍できるフィールド

 

国家公務員では厚生労働省の各部署に配属されそれぞれの業務を行います。医薬・生活衛生局総務課、審査管理課、 安全対策課、監視指導・麻薬対策課などがあり、局内の行政の総括、薬剤師行政の企画・運用等の業務、医薬品等承認審査のとりまとめなど直接調剤したりすることはありません。また薬の知識だけではなく法律や化学など幅広い分野においても日々勉強する必要があります。

 

そして地方公務員の薬剤師は市町村や都道府県の市立、県立病院への配属の場合では、一般の薬剤師と同様に薬の調剤や病棟勤務、服薬指導など多岐にわたり日々薬に携わる業務としています。

 

その他の配属先として保健所では薬事衛生、食品衛生、環境衛生に関する業務とし薬局や施設、飲食店などの行政管理として許可、監視などが主な仕事となります。また環境関連部署、衛生研究所などもあります。

 

公務員薬剤師の給料は医療職俸給表の給与規定に準ずるとし、平均年収は600万円としています。毎年の昇給に昇任は安定とし定年後の退職金、年金なども充実していることが魅力としています。そこで注意する点として公務員の場合は病院勤務以外では、薬剤師らしき仕事でないことを十分理解しておく必要があるようです。そのため薬剤師のスキル向上は期待することができないとしています。

 

患者さんや地域住民に触れ合いながら、薬の調剤、提供、また新薬の開発、研究などに携わりたいのであれば民間の薬剤師を目指したほうが良いかもしれません。

 

民間薬剤師の活躍できるフィールド

 

私立大学病院や民間病院、調剤薬局、ドラッグストア、民間企業、製薬会社など幅広く薬剤師資格があれば好待遇として働くことが期待できます。また薬剤師不足としていますので、就職、転職も有利として求人が多く、年収においても高給としているところが多々あります。

 

また正社員、職員ではなくパートやアルバイト、派遣社員、契約社員として働くこともでき、幅広い年齢層のかたが自分のライフスタイルに合わせて働くこともできます。また民間の薬剤師年収は平均約500万円としており、生涯賃金においては公務員の方が優位としているようです。

 

しかし大手製薬会社では年収1,000万以上とするところもあり、ドラッグストアにおいても平均よりも高い年収が期待できるところも多々あります。またスキルアップし実力次第では、高い役職や管理職につくこともできますので、民間薬剤師の方がモチベーションアップにもつながるとし薬のスペシャリストとして働くことができます。

 

公務員薬剤師の難易度は高い?

 

特に国家公務員の薬剤師は超難関としており、少数の採用人数としています。そのため大半の方は地方公務員の受験としており、都道府県、市区町村によっては試験内容が異なるとしています。一般的には教養試験(選択式)、専門試験(選択式または記述式)、論文試験、面接試験、適性試験としており難易度は決して高いとはしていませんが、だからと言って低いとも言えません。

 

専門試験ではこれまでの薬剤師資格取得の際の知識があれば良いとして、教養試験や面接は試験対策は万全としておきたいものです。