公務員の車購入でおすすめ車種は?

公務員として働き始めた新人1年、2年目の方や、そろそろワンランク上の車購入を検討している方では、安定した給料としている公務員においても大半は一括ではなくカーローンなどを組む方が多いのではないでしょうか。これまで電車通勤として車を所有していなかった人では、勤務先の異動により車での移動手段としなければならないとして購入を検討する人もいるようです。

 

公務員は車ローン審査も有利?

 

自動車ディーラーのローン、金融機関のカーローン、損害保険会社の車専用ローン、一般的なフリーローン・カードローンなど様々な種類がありますが、ディーラーのローンにおいては、審査は甘いが金利が高いとしています。またローンの支払いが終わるまで車の所有権はディーラーかクレジット会社としています。

 

反対に銀行やJA、信用金庫などの金融機関のマイカーローンやカーローン、損害保険会社ローンは審査が厳しいとしていますが、車の所有権がローンを払い終わらなくても自分になるのも特徴としています。そして公務員とした職業としていれば、審査は通りやすく低金利で車購入が期待できます。

 

そして消費者金融での借入では、車の所有権はローンの支払いが完済としていなくても自身の物としていますが金利が高いのであまりおすすめはできません。そこで特に新人として勤務年数が短い方では、組合共済によるカーローンの借り入れがおすすめとなっています。低金利で公務員限定としていますので利用しない手はないとしています。

 

車購入で公務員に人気、おすすめは?

 

市民、県民の税金からの給料を受け取っているのだから公務員は高級車や外車に乗るべきではないという考えを持ってる方もいれば、公務員でも民間企業でも働いて手にした給料なのだから使い道は自由!と考える人などそれぞれとしています。そこで特に車好きな人で高級志向としている方ではベンツやBMWなど購入する公務員もいます。

 

さすがにフェラーリなど乗って出勤する人はいませんが、購入して自宅に置かれている人もいるのではないでしょうか。また国産では人気のレクサス購入する公務員もおり、キャリア官僚や幹部とし高月給としている人などが多いようです。一般の地方公務員においては、燃費の良い軽自動車や環境に良いハイブリッド車なども人気としているようです。

 

余談となりますが、中国公務員は日系車が人気としており中国政府が“公用車改革”を進めていることを受け、公用車の利用ができなくなった公務員において日本の車への関心を高めているようです。日系車は燃費が良く、トラブルが少ないことが理由としているようです。